公開日:2019/09/13 最終更新日:2019/09/13

JVN#11708203
複数のリコー製プリンタおよび複合機における複数のバッファオーバーフローの脆弱性

概要

株式会社リコーが提供する複数のプリンタおよび複合機には、複数のバッファオーバーフローの脆弱性が存在します。

影響を受けるシステム

  • SP C250SF ファームウェア ver.1.13 より前のバージョン
  • SP C252SF ファームウェア ver.1.13 より前のバージョン
  • SP C250DN ファームウェア ver.1.07 より前のバージョン
  • SP C252DN ファームウェア ver.1.07 より前のバージョン

詳細情報

株式会社リコーが提供する複数のプリンタおよび複合機には、次の複数の脆弱性が存在します。

  • HTTP クッキーヘッダ解析処理におけるバッファオーバーフロー (CWE-119) - CVE-2019-14300
    CVSS v3 CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H 基本値: 9.8
    CVSS v2 AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:P 基本値: 7.5
  • Wifi、mDNS、POP3、SMTP および警告の設定を行う際の HTTP パラメータ解析処理におけるバッファオーバーフロー (CWE-119) - CVE-2019-14305
    CVSS v3 CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H 基本値: 9.8
    CVSS v2 AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:P 基本値: 7.5
  • SNMP 設定を行う際の HTTP パラメータ解析処理におけるバッファオーバーフロー (CWE-119) - CVE-2019-14307
    CVSS v3 CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H 基本値: 9.8
    CVSS v2 AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:P 基本値: 7.5
  • LPD パケット解析処理におけるバッファオーバーフロー (CWE-119) - CVE-2019-14308
    CVSS v3 CVSS:3.0/AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H 基本値: 9.8
    CVSS v2 AV:N/AC:L/Au:N/C:P/I:P/A:P 基本値: 7.5

想定される影響

遠隔の第三者によって、任意のコードを実行されたり、サービス運用妨害 (DoS) 攻撃を受けたりする可能性があります。

対策方法

アップデートする
開発者が提供する情報をもとに、ファームウェアを最新版へアップデートしてください。

ベンダ情報

ベンダ ステータス ステータス
最終更新日
ベンダの告知ページ
株式会社リコー 該当製品あり 2019/09/13 株式会社リコー の告知ページ

参考情報

JPCERT/CCからの補足情報

JPCERT/CCによる脆弱性分析結果

謝辞

この脆弱性情報は、製品利用者への周知を目的に、開発者が IPA に報告し、JPCERT/CC が開発者との調整を行いました。

関連文書

JPCERT 緊急報告
JPCERT REPORT
CERT Advisory
CPNI Advisory
TRnotes
CVE CVE-2019-14300
CVE-2019-14305
CVE-2019-14307
CVE-2019-14308
JVN iPedia JVNDB-2019-000058