公開日:2022/12/21 最終更新日:2022/12/21

JVNVU#93317778
ARC Informatique製PcVueにおける複数の脆弱性

概要

ARC Informatique社が提供するPcVueには、複数の脆弱性が存在します。

影響を受けるシステム

CVE-2022-3411

  • PcVue バージョン15から15.2.2
CVE-2022-3412
  • PcVue バージョン8.10から15.2.3

詳細情報

ARC Informatique社が提供するPcVueは、SCADA(Supervisory Control and Data Acquisition)ソフトウェアです。PcVueには、次の複数の脆弱性が存在します。

  • ログファイルからの情報漏えい (CWE-532) - CVE-2022-4311
  • 重要な情報の平文保存 (CWE-312) - CVE-2022-4312

想定される影響

脆弱性を悪用された場合、次のような影響を受ける可能性があります。

  • 当該製品のログファイルが閲覧可能なユーザによって、資格情報を入手されデータソースにアクセスされる - CVE-2022-4311
  • 当該製品にログイン可能なユーザによって、電子メールアカウントおよびSIMカードにアクセスされる - CVE-2022-4312

対策方法

アップデートする
開発者は、アップデートを提供しています。

ワークアラウンドを実施する
開発者は、ワークアラウンドの適用を推奨しています。

詳細は、開発者が提供する情報をご確認ください。

参考情報

  1. ICS Advisory (ICSA-22-354-03)
    ARC Informatique PcVue

JPCERT/CCからの補足情報

JPCERT/CCによる脆弱性分析結果

謝辞

関連文書

JPCERT 緊急報告
JPCERT REPORT
CERT Advisory
CPNI Advisory
TRnotes
CVE
JVN iPedia

更新履歴

2022/12/21
[タイトル]を更新しました