公開日:2021/06/14 最終更新日:2021/06/14

JVNVU#96037838
Apache HTTP Web Server 2.4 における複数の脆弱性に対するアップデート

概要

The Apache Software Foundation から、Apache HTTP Web Server 2.4 系における複数の脆弱性に対応した Apache HTTP Web Server 2.4.48 が公開されました。

影響を受けるシステム

  • Apache HTTP Web Server 2.4.6 から 2.4.46 - CVE-2019-17567
  • Apache HTTP Web Server 2.4.0 から 2.4.46 - CVE-2020-13938、CVE-2020-35452、CVE-2021-26690、CVE-2021-26691
  • Apache HTTP Web Server 2.4.41 から 2.4.46 - CVE-2020-13950
  • Apache HTTP Web Server 2.4.39 から 2.4.46 - CVE-2021-30641
  • Apache HTTP Web Server 2.4.48 より前のバージョン - CVE-2021-31618

詳細情報

The Apache Software Foundation から、Apache HTTP Web Server 2.4 系における次の複数の脆弱性に対応した Apache HTTP Web Server 2.4.48 が公開されました。

  • mod_proxy_wstunnel に、本来 Web Socket へのアップグレードが必要のないコネクションもトンネリングさせてしまい、結果として HTTP 接続における認証、認可処理が機能しなくなる脆弱性 - CVE-2019-17567
  • 権限のないローカルユーザが httpd プロセスを停止できる脆弱性 - CVE-2020-13938
  • mod_proxy_http に NULL ポインタ参照の脆弱性 - CVE-2020-13950
  • mod_auth_digest にスタックオーバーフローの脆弱性 - CVE-2020-35452
  • mod_session に NULL ポインタ参照の脆弱性 - CVE-2021-26690
  • mod_session にヒープオーバーフローの脆弱性 - CVE-2021-26691
  • MergeSlashes を OFF に設定している際、意図しない URL にマッチすると判定される脆弱性 - CVE-2021-30641
  • HTTP/2 プロトコルハンドラに NULL ポインタ参照の脆弱性 - CVE-2021-31618

想定される影響

想定される影響は各脆弱性により異なりますが、次のような影響を受ける可能性があります。

  • 認証回避 - CVE-2019-17567
  • サービス運用妨害 (DoS) - CVE-2020-13938、CVE-2020-13950、CVE-2021-26690、CVE-2021-31618
  • スタックオーバーフロー - CVE-2020-35452
  • ヒープオーバーフロー - CVE-2021-26691
  • 意図しない URL に接続する - CVE-2021-30641

対策方法

アップデートする
開発者が提供する情報をもとに、最新版へアップデートしてください。

ベンダ情報

ベンダ リンク
The Apache Software Foundation Apache HTTP Server 2.4.48 Released
Fixed in Apache HTTP Server 2.4.48

参考情報

JPCERT/CCからの補足情報

JPCERT/CCによる脆弱性分析結果

謝辞

関連文書

JPCERT 緊急報告
JPCERT REPORT
CERT Advisory
CPNI Advisory
TRnotes
CVE
JVN iPedia