公開日:2022/04/13 最終更新日:2022/04/13

JVNVU#96910606
Apache Struts 2において任意のコードを実行される脆弱性(S2-062)

概要

Apache Struts 2には、任意のコードが実行可能な脆弱性が存在します。

影響を受けるシステム

  • Apache Struts 2.0.0から2.5.29まで
開発者によると、本脆弱性はS2-061(CVE-2020-17530、JVN#43969166)における修正が不十分であったことが原因であるとのことです。

詳細情報

The Apache Software Foundationが提供するApache Struts 2には、不適切な入力確認(CWE-20, CVE-2021-31805)に起因する任意のコードが実行可能な脆弱性が存在します。

想定される影響

遠隔の第三者によって、任意のコードを実行される可能性があります。

対策方法

アップデートする
開発者が提供する情報をもとに、最新版にアップデートしてください。
開発者は本脆弱性を修正した、バージョン2.5.30をリリースしています。

ベンダ情報

ベンダ リンク
The Apache Software Foundation S2-062
04 April 2022 - Struts 2.5.30 General Availability
Version Notes 2.5.30

参考情報

JPCERT/CCからの補足情報

JPCERT/CCによる脆弱性分析結果

謝辞

関連文書

JPCERT 緊急報告 JPCERT-AT-2022-0011
Apache Struts 2の脆弱性(S2-062)に関する注意喚起
JPCERT REPORT
CERT Advisory
CPNI Advisory
TRnotes
CVE
JVN iPedia

更新履歴

2022/04/13
[関連文書]を追加しました