公開日:2009/11/12 最終更新日:2010/12/28

JVNVU#120541
SSL および TLS プロトコルに脆弱性

概要

Secure Sockets Layer (SSL) および Transport Layer Security (TLS) プロトコルには、renegotiation 機能に脆弱性が存在します。

影響を受けるシステム

  • Secure Sockets Layer 3.0 およびそれ以降
  • Transport Layer Security 1.0 およびそれ以降

詳細情報

Secure Sockets Layer (SSL) および Transport Layer Security (TLS) は、通信の暗号化および認証などの機能を提供するプロトコルです。 SSL および TLS プロトコルには、renegotiation 機能に起因する脆弱性が存在します。

想定される影響

ユーザとサーバの通信を中継可能な第三者が、特定の条件において通信データの先頭に任意のデータを挿入することが可能です。結果として、攻撃者が挿入した HTTP リクエストをサーバに送信されるなどの可能性があります。

対策方法

2009年11月12日現在、対策方法はありません。

現在、IETF の TLS Working Group では、本件の対策に関する議論が行われています。

ベンダ情報

ベンダ ステータス ステータス
最終更新日
ベンダの告知ページ
マイクロソフト株式会社 該当製品あり 2010/09/20
日本電気株式会社 該当製品あり 2010/12/28

参考情報

  1. extendedsubset.com
    Renegotiating TLS
  2. IETF
    Transport Layer Security (TLS) Renegotiation Indication Extension
  3. US-CERT Vulnerability Note VU#120541
    SSL and TLS protocols renegotiation vulnerability

JPCERT/CCからの補足情報

JPCERT/CCによる脆弱性分析結果

謝辞

関連文書

JPCERT 緊急報告
JPCERT REPORT
CERT Advisory
CPNI Advisory
TRnotes
CVE CVE-2009-3555
JVN iPedia JVNDB-2009-002319

更新履歴

2009/11/13
想定される影響の更新およびベンダ情報にリンクを追加しました。
2010/05/21
関連文書に JVN iPedia へのリンクを追加しました。
2010/09/20
マイクロソフト株式会社のベンダステータスが更新されました
2010/12/28
日本電気株式会社のベンダステータスが更新されました
2010/12/28
日本電気株式会社のベンダステータスが更新されました