公開日:2011/04/04 最終更新日:2011/07/11

JVNVU#668220
IPComp パケットの受信処理に脆弱性
緊急

概要

複数の IPComp 実装の受信処理には、メモリ破損の脆弱性が存在します。

影響を受けるシステム

  • IPComp
IPComp を実装している製品が影響を受ける可能性があります。詳しくは、ベンダ情報および CERT/CC Vulnerability Note VU#668220 を参照してください。

詳細情報

IPComp (RFC 3173) は、一般的に IPsec の実装と共に使用されています。 KAME プロジェクトや NetBSD プロジェクトなどで IPComp および IPsec を実装しているコードには、細工された IPComp ペイロードを処理する際にスタックベースのバッファオーバーフローが発生する可能性があります。

なお、本脆弱性を使用した攻撃コードが公開されています。

想定される影響

遠隔の第三者によって、サービス運用妨害 (DoS) 攻撃を受けたり、任意のコードを実行されたりする可能性があります。

対策方法

パッチを適用する
各ベンダや配布元が提供する情報をもとに本脆弱性に対応したパッチを適用してください。

ワークアラウンドを実施する
以下の回避策を適用することで、本脆弱性の影響を軽減することが可能です。

  • IPComp (プロトコル番号 108) パケットをフィルタリングする

ベンダ情報

ベンダ ステータス ステータス
最終更新日
ベンダの告知ページ
パナソニック株式会社 該当製品無し 2011/07/11
株式会社インターネットイニシアティブ 該当製品あり 2011/04/06 株式会社インターネットイニシアティブ の告知ページ

参考情報

  1. US-CERT Vulnerability Note VU#668220
    IPComp encapsulation nested payload vulnerability
  2. RFC 3173 - IP Payload Compression Protocol (IPComp):
    IP Payload Compression Protocol (IPComp)

JPCERT/CCからの補足情報

JPCERT/CCによる脆弱性分析結果

謝辞

関連文書

JPCERT 緊急報告
JPCERT REPORT
CERT Advisory
CPNI Advisory
TRnotes
CVE CVE-2011-1547
JVN iPedia

更新履歴

2011/04/06
株式会社インターネットイニシアティブのベンダステータスが更新されました
2011/07/11
パナソニック株式会社のベンダステータスが更新されました