公開日:2015/06/12 最終更新日:2016/09/15

JVNVU#91445763
OpenSSL に複数の脆弱性

概要

OpenSSL には複数の脆弱性が存在します。

影響を受けるシステム

  • OpenSSL

詳細情報

2015年6月11日、OpenSSL Project より OpenSSL Security Advisory [11 Jun 2015] が公開されました。
アドバイザリによると、次に挙げる脆弱性が修正され、修正版の OpenSSL 1.0.2b、1.0.1n、1.0.0s、0.9.8zg がリリースされています。
なお、 CVE-2014-8176 については、2014年6月の時点に修正されていましたが、本アドバイザリで公表されました。

深刻度 - 中 (Severity: Moderate)

  • Malformed ECParameters causes infinite loop (CVE-2015-1788)
  • Exploitable out-of-bounds read in X509_cmp_time (CVE-2015-1789)
  • PKCS7 crash with missing EnvelopedContent (CVE-2015-1790)
  • CMS verify infinite loop with unknown hash function (CVE-2015-1792)
深刻度 - 低 (Severity: Low)
  • Race condition handling NewSessionTicket (CVE-2015-1791)
  • Invalid free in DTLS (CVE-2014-8176)
また、次の脆弱性は OpenSSL 1.0.2b、1.0.1n でのみ修正されています。
  • DHE man-in-the-middle protection (Logjam) (CVE-2015-4000)

想定される影響

想定される影響は脆弱性により異なります。中間者攻撃により TLS 通信で 512 ビット輸出グレード暗号を使用させられたり (Logjam Attack)、サービスの異常終了や無限ループによってサービス運用妨害 (DoS) 攻撃を受けたりする可能性があります。

対策方法

アップデートする
本脆弱性を修正した次のバージョンの OpenSSL が提供されています。開発者が提供する情報をもとに、最新版へアップデートしてください。

  • OpenSSL 1.0.2b
  • OpenSSL 1.0.1n
  • OpenSSL 1.0.0s
  • OpenSSL 0.9.8zg
CVE-2015-4000 は OpenSSL 1.0.2b、1.0.1n でのみ修正されています。

ベンダ情報

ベンダ ステータス ステータス
最終更新日
ベンダの告知ページ
アライドテレシス株式会社 該当製品あり(調査中) 2015/08/07
ジェイティ エンジニアリング株式会社 該当製品無し 2015/09/05
日本電気株式会社 該当製品あり 2016/09/15
ベンダ リンク
OpenSSL Project OpenSSL Security Advisory [11 Jun 2015]
Tarballs

JPCERT/CCからの補足情報

JPCERT/CCによる脆弱性分析結果

謝辞

関連文書

JPCERT 緊急報告
JPCERT REPORT
CERT Advisory
CPNI Advisory
TRnotes
CVE CVE-2014-8176
CVE-2015-1788
CVE-2015-1789
CVE-2015-1790
CVE-2015-1791
CVE-2015-1792
CVE-2015-4000
JVN iPedia

更新履歴

2015/08/04
アライドテレシス株式会社のベンダステータスが更新されました
2015/08/07
アライドテレシス株式会社のベンダステータスが更新されました
2015/09/07
ジェイティ エンジニアリング株式会社のベンダステータスが更新されました
2016/01/28
日本電気株式会社のベンダステータスが更新されました
2016/01/29
日本電気株式会社のベンダステータスが更新されました
2016/08/19
日本電気株式会社のベンダステータスが更新されました
2016/09/15
日本電気株式会社のベンダステータスが更新されました