公開日:2018/03/28 最終更新日:2018/05/31

JVNVU#93502675
OpenSSL に複数の脆弱性

概要

OpenSSL には複数の脆弱性が存在します。

影響を受けるシステム

  • OpenSSL

詳細情報

2018年3月27日、OpenSSL Project より OpenSSL Security Advisory [27 Mar 2018] が公開されました。
アドバイザリによると、次に挙げる脆弱性が修正され、修正版の OpenSSL 1.0.2o、1.1.0h がリリースされています。
なお、CVE-2017-3738 については以前の OpenSSL security advisory で情報公開され、OpenSSL 1.0.2 向けの修正バージョンがリリースされていましたが、今回 OpenSSL 1.1.0 向けの修正バージョンもリリースされました。

深刻度 - 中 (Severity: Moderate)

  • Incorrect CRYPTO_memcmp on HP-UX PA-RISC (CVE-2018-0733)
  • Constructed ASN.1 types with a recursive definition could exceed the stack (CVE-2018-0739)
深刻度 - 低 (Severity: Low)
  • rsaz_1024_mul_avx2 overflow bug on x86_64 (CVE-2017-3738)

想定される影響

想定される影響は各脆弱性により異なりますが、サービス運用妨害 (DoS) 攻撃を受けるなどの可能性があります。

対策方法

アップデートする
本脆弱性を修正した次のバージョンの OpenSSL が提供されています。開発者が提供する情報をもとに、最新版へアップデートしてください。

  • OpenSSL 1.0.2o
  • OpenSSL 1.1.0h

ベンダ情報

ベンダ ステータス ステータス
最終更新日
ベンダの告知ページ
ジェイティ エンジニアリング株式会社 該当製品無し 2018/04/03
日本電気株式会社 該当製品あり 2018/05/31

参考情報

JPCERT/CCからの補足情報

JPCERT/CCによる脆弱性分析結果

謝辞

関連文書

JPCERT 緊急報告
JPCERT REPORT
CERT Advisory
CPNI Advisory
TRnotes
CVE CVE-2017-3738
CVE-2018-0733
CVE-2018-0739
JVN iPedia

更新履歴

2018/04/03
ジェイティ エンジニアリング株式会社のベンダステータスが更新されました
2018/05/31
日本電気株式会社のベンダステータスが更新されました