公開日:2015/07/08 最終更新日:2015/09/07

JVNVU#93531657
ISC BIND 9 にサービス運用妨害 (DoS) の脆弱性

概要

ISC BIND 9 には、サービス運用妨害 (DoS) の脆弱性が存在します。

影響を受けるシステム

  • BIND 9.7.1 から 9.7.7 まで
  • BIND 9.8.0 から 9.8.8 まで
  • BIND 9.9.0 から 9.9.7 まで
  • BIND 9.10.0 から 9.10.2-P1 まで

詳細情報

ISC BIND 9 には、DNSSEC 検証を有効にした再帰的名前解決処理が、特定の条件下において異常終了する脆弱性が存在します。

ISC のアドバイザリには次のように記載されています。

A very uncommon combination of zone data has been found that triggers a bug in BIND, with the result that named will exit with a "REQUIRE" failure in name.c when validating the data returned in answer to a recursive query.

This means that a recursive resolver that is performing DNSSEC validation can be deliberately stopped by an attacker who can cause the resolver to perform a query against a maliciously-constructed zone.

想定される影響

DNSSEC 検証を有効にしたキャッシュ DNS サーバを運用している場合、遠隔の第三者によって、サービス運用妨害 (DoS) 攻撃を受ける可能性があります。

対策方法

アップデートする
開発者が提供する情報をもとに、最新版へアップデートしてください。
本脆弱性の対策として次のバージョンがリリースされています。

  • BIND 9.9.7-P1
  • BIND 9.10.2-P2

ベンダ情報

ベンダ ステータス ステータス
最終更新日
ベンダの告知ページ
アライドテレシス株式会社 該当製品無し 2015/07/14
ジェイティ エンジニアリング株式会社 該当製品無し 2015/09/05
横河メータ&インスツルメンツ株式会社 該当製品無し 2015/07/08

参考情報

  1. JPRS
    (緊急)BIND 9.xの脆弱性(DNSサービスの停止)について(2015年7月8日公開)

JPCERT/CCからの補足情報

JPCERT/CCによる脆弱性分析結果

2015.07.08における脆弱性分析結果(CVSS Base Metrics)

CVSSとは

評価尺度 評価値 説明
攻撃元区分(AV) ローカル (L) 隣接 (A) ネットワーク (N) ネットワーク経由でリモートから攻撃可能
攻撃条件の複雑さ(AC) 高 (H) 中 (M) 低 (L) 攻撃成立に必要な条件はない
攻撃前の認証要否(Au) 複数 (M) 単一 (S) 不要 (N) 認証は不要
機密性への影響(C) なし (N) 部分的 (P) 全面的 (C) 情報は漏えいしない
完全性への影響(I) なし (N) 部分的 (P) 全面的 (C) 情報の正確さや完全さは損なわれない
可用性への影響(A) なし (N) 部分的 (P) 全面的 (C) システムの使用が全面的に阻害される

Base Score:7.8

謝辞

関連文書

JPCERT 緊急報告
JPCERT REPORT
CERT Advisory
CPNI Advisory
TRnotes
CVE CVE-2015-4620
JVN iPedia

更新履歴

2015/07/08
横河メータ&インスツルメンツ株式会社のベンダステータスが更新されました
2015/07/14
アライドテレシス株式会社のベンダステータスが更新されました
2015/09/07
ジェイティ エンジニアリング株式会社のベンダステータスが更新されました