公開日:2014/12/22 最終更新日:2015/01/14

JVNVU#96446762
複数のブロードバンドルータに、脆弱性が存在するバージョンの Allegro RomPager を使用している問題

概要

複数のブロードバンドルータのファームウェアには、脆弱性が存在する古いバージョンの Allegro RomPager を使用している問題が存在します。

影響を受けるシステム

  • Allegro RomPager 4.34 より前のバージョンを実装したファームウェア
本脆弱性の影響を受ける可能性がある製品に関する詳しい情報は、Check Point Software Technologies のアドバイザリに記載されています。

詳細情報

Allegro RomPager 4.34 より前のバージョンには、第三者にデバイスの管理者権限を取得される脆弱性が存在します。本脆弱性は Allegro が 2005年に修正していますが、複数のブロードバンドルータのファームウェアには、いまだに脆弱性が存在する古いバージョンの Allegro RomPager が使用されています。

想定される影響

遠隔の第三者によって、当該製品上で任意のコードを実行される可能性があります。

対策方法

アップデートする
開発者が提供する情報を確認し、対策版ファームウェアが存在する場合は最新版へアップデートしてください。

ワークアラウンドを実施する
次のワークアラウンドを実施することで、本脆弱性の影響を軽減することが可能です。

  • WAN 側インタフェースの HTTP 通信や HTTPS 通信を無効にする
なお、CERT/CC Vulnerability Note VU#561444 では、DD-WRTOpenWrt などサードパーティ製のファームウェアを使用した回避策も紹介されています。

ベンダ情報

ベンダ ステータス ステータス
最終更新日
ベンダの告知ページ
株式会社アイ・オー・データ機器 該当製品あり 2015/01/14 株式会社アイ・オー・データ機器 の告知ページ
株式会社バッファロー 該当製品あり 2015/01/05 株式会社バッファロー の告知ページ

参考情報

  1. CERT/CC Vulnerability Note VU#561444
    Multiple broadband routers use vulnerable versions of Allegro RomPager
  2. Check Point
    Misfortune Cookie by Check Point
  3. Check Point
    MISFORTUNE COOKIE – SUSPECTED VULNERABLE MODEL LIST (PDF)

JPCERT/CCからの補足情報

JPCERT/CCによる脆弱性分析結果

2014.12.22における脆弱性分析結果(CVSS Base Metrics)

CVSSとは

評価尺度 評価値 説明
攻撃元区分(AV) ローカル (L) 隣接 (A) ネットワーク (N) ネットワーク経由でリモートから攻撃可能
攻撃条件の複雑さ(AC) 高 (H) 中 (M) 低 (L) 攻撃成立に必要な条件はない
攻撃前の認証要否(Au) 複数 (M) 単一 (S) 不要 (N) 認証は不要
機密性への影響(C) なし (N) 部分的 (P) 全面的 (C) 全ての情報が漏えいする
完全性への影響(I) なし (N) 部分的 (P) 全面的 (C) 情報の正確さや完全さが全面的に損なわれる
可用性への影響(A) なし (N) 部分的 (P) 全面的 (C) システムの使用が全面的に阻害される

Base Score:10.0

謝辞

関連文書

JPCERT 緊急報告
JPCERT REPORT
CERT Advisory
CPNI Advisory
TRnotes
CVE CVE-2014-9222
JVN iPedia

更新履歴

2015/01/05
株式会社バッファローのベンダステータスが更新されました
2015/01/14
株式会社アイ・オー・データ機器のベンダステータスが更新されました