公開日:2016/11/08 最終更新日:2016/11/11

JVNVU#99822187
D-Link 製ルータの HNAP サービスにスタックバッファオーバーフローの脆弱性

概要

D-Link Systems, Inc. が提供する複数のルータ製品には、HNAP ログイン動作に関するスタックバッファオーバーフローの脆弱性が存在します。

影響を受けるシステム

  • DIR-885L
  • DIR-895L
  • DIR-890L
  • DIR-880L
  • DIR-868L
  • DIR-868L
  • DIR-869
  • DIR-879
  • DIR-859
  • DIR-822

詳細情報

スタックベースのバッファオーバーフロー (CWE-121) - CVE-2016-6563
HNAP ログイン動作において、SOAP メッセージ中の XML フィールド Action, Username, LoginPassword, Captcha の処理に問題があり、スタックバッファオーバーフローが発生する可能性があります。

報告者のレポートによれば、HNAP の通信は LAN 側インタフェースでのみ行われるとのことです。

想定される影響

当該製品の LAN 側インタフェースにアクセス可能な第三者によって、管理者権限で任意のコードを実行される可能性があります。

対策方法

アップデートする
開発者が提供する情報をもとに、ファームウェアをアップデートしてください。
対策版ファームウェアの提供状況は、D-Link Technical Support をご確認ください。

参考情報

  1. CERT/CC Vulnerability Note VU#677427
    DLink routers HNAP service contains stack-based buffer overflow
  2. Pedro Ribeiro
    Multiple vulnerabilities in Dlink DIR routers HNAP Login function (multiple routers affected)

JPCERT/CCからの補足情報

JPCERT/CCによる脆弱性分析結果

CVSS v3 CVSS:3.0/AV:N/AC:H/PR:N/UI:N/S:U/C:H/I:H/A:H
基本値: 8.1
攻撃元区分(AV) 物理 (P) ローカル (L) 隣接 (A) ネットワーク (N)
攻撃条件の複雑さ(AC) 高 (H) 低 (L)
必要な特権レベル(PR) 高 (H) 低 (L) 不要 (N)
ユーザ関与レベル(UI) 要 (R) 不要 (N)
スコープ(S) 変更なし (U) 変更あり (C)
機密性への影響(C) なし (N) 低 (L) 高 (H)
完全性への影響(I) なし (N) 低 (L) 高 (H)
可用性への影響(A) なし (N) 低 (L) 高 (H)
CVSS v2 AV:N/AC:M/Au:N/C:C/I:C/A:C
基本値: 9.3
攻撃元区分(AV) ローカル (L) 隣接 (A) ネットワーク (N)
攻撃条件の複雑さ(AC) 高 (H) 中 (M) 低 (L)
攻撃前の認証要否(Au) 複数 (M) 単一 (S) 不要 (N)
機密性への影響(C) なし (N) 部分的 (P) 全面的 (C)
完全性への影響(I) なし (N) 部分的 (P) 全面的 (C)
可用性への影響(A) なし (N) 部分的 (P) 全面的 (C)

謝辞

関連文書

JPCERT 緊急報告
JPCERT REPORT
CERT Advisory
CPNI Advisory
TRnotes
CVE CVE-2016-6563
JVN iPedia

更新履歴

2016/11/11
影響を受けるシステム、対策方法、ベンダ情報を更新しました